市販の白髪染めトリートメントカラーが染まらない理由

こんにちは さいたま市南浦和で頭皮に優しい白髪染めを提案しております 渡邉 佑典です。

最近、ドラックストアでもトリートメントカラーというカテゴリーで販売されてい流カラー剤が増えてきました。

白髪染め=髪だけでなく頭皮に負担をかけるもの

という認識が浸透してきていて、健康への意識だ高くなってきていることが理由だと言われています。

さて、そんなトリートメントカラーですがお客様からよく相談をいただくことがあります。
それが『白髪が染まらない』ということです。

なぜ、市販のトリートメントカラーは染まらないの?

この記事を読めばそんな疑問が解決されます。

白髪染めトリートメントカラーとはどんなものなのか?

まず、白髪染めトリートメントカラーについて解説していきます。

通常のカラー剤にはジアミンを含む『酸化染料』というものが使用されています。
しかし、ジアミンによるアレルギーリスクや明るくする成分による刺激などが原因で最近では使用を控える方が増えてきました。

その代替えとして注目されているのがトリートメントカラーです。
トリートメントカラーは『塩基性染料』と『HC染料』というものが使われております。
わかりやすく言えばアレルギー物質を含まず、頭皮への負担が大きく軽減されている染料だと認識してください。

通常のカラー剤よりも染まる力や色持ちは劣ってしまうものの、頭皮にかかる負担などを大幅に減らすことできることは大きなメリットになります。

なぜ市販のトリートメントカラーで白髪が染まらないのか?

そんな安全面から需要が高くなってきているトリートメントカラーですが、ネットで見ると悪い評価も目立ちます。
それは、市販で販売されているものを使用すると染まらないというものです。

トリートメントカラーの染まる仕組みを読み解くと、染まらない理由も明らかになっていきます。

そもそもトリートメントカラーはどのように染まるのでしょうか?

先ほども記載しましたが、トリートメントカラーには『塩基性染料』と『HC染料』が使われています。

塩基性染料は髪の表面に吸着し、HC染料は細かい粒が髪の中に入り込むことで髪を染めています。

イメージ図です。

トリートメントカラー市販

市販のトリートメントカラーで白髪が染まらない理由

塩基性染料の最大の特徴はアルカリ性で一番吸着率がよくなります

いきなりアルカリ性と言われても『わけわからん!』という方もいらっしゃると思うので解説を入れます。

髪の毛を扱う上で酸性・中性・アルカリ性という性質は非常に大切なものです。
下の図を見るとわかりやすいです。

南浦和美容院

美容室で扱うトリートメントカラーはアルカリ性の性質のため 塩基性染料の吸着がよくなり、しっかりと染まります。
対して市販のトリートメントカラーは酸性の性質のものがほとんどです。

酸性域では塩基性染料の吸着率が悪くなり、色持ちや染まりが悪くなってしまいます

美容師が教える!市販のトリートメントカラーの染まりをちょっぴりよくする方法

普段トリートメントカラーで白髪染めをやり慣れている美容師目線で自宅で行う際に染まりをアップさせるマル秘テクニックをお伝えします。

普段、染まりがうまくいかない方は以下の方法を実践してみてください。

  • 乾いた状態で塗るべし
  • たっぷりと塗るべし
  • 髪を温めるべし

no-img2″><figcaption class= 渡辺

詳しく解説をしていきます。

乾いた状態で塗るべし

髪が濡れた状態と乾いた状態では染まり具合が変わります。

濡れた状態だと髪が水分を吸っている状態になるので、染まる力が劣ってしまいます。
可能であれば乾いた状態からトリートメントカラーを塗ると、染まりやすくなってくれます。

注意点としては乾いた状態から塗ると髪への馴染みが悪くなりムラになりやすくなります。
髪に塗るときは全体に行き渡るように入念に揉み込むようにしていきましょう。

たっぷりと塗るべし

通常のカラー剤であれば、少量でも髪の毛を染めることは可能ですが、トリートメントカラーではたっぷりと塗ることが重要です。

『もったいないから少量ずつ使おう!』そう思いがちですが、染まらなくなる原因になってしまいます。
ここは思い切ってたっぷりと使って見ましょう。

特に顔まわりや分け目など特定の場所に白髪が集中している方は部分的に多くすることも効果的です。

髪を温めるべし

市販品をチェックしていると3分で染まるというものを見かけますが、時間はもう少し置くことをオススメします。

利便性を考えてシャンプーのついでに毎日トリートメントカラーをこなっていく方であればそれでもOKです。
しかし、しっかりとカラー剤として使用されるのであればそれでは染まりません。

乾いた髪にトリートメントカラーをたっぷりと塗ったら、家庭用のサランラップで密閉しましょう。
これは乾燥を防ぐ効果と熱をこもらせる効果があります。

さらに上から暑く感じない程度にドライヤーで熱を当ててあげることで染まりがよくなります。

全体の時間の目安は10〜20分ほどは置いてあげることをオススメします。

市販のトリートメントカラーで白髪を染める まとめ

今回の記事では

を解説しました。

よく理解できましたでしょうか?

頭皮や髪に負担をかけずに染めていけることは大きなメリットですよね。
近年増えてきているジアミンアレルギーの方にも使用できるので、僕自身お店でもよく活用しております。

これからも白髪染めを繰り返している方からの注目は増していくのではないでしょうか。

トリートメントカラーも市販で簡単に手に入る時代ですので、自宅で簡単に行う方も増えてきましたが、やはり完璧を求める方は美容室での施術をオススメします。
ベースは美容室で染めつつ、次回までの間に目立ってきた部分をカバーしていくような使い方をオススメします。

周期や使用する色味など細かい情報は個人個人で異なるので、お気軽にお問い合わせください。
もちろん、美容室のトリートメントカラーでしっかりと染めていきたい!という方も大歓迎ですので、合わせてご相談ください。

予約、相談をする

メニュー、料金を見る

もっと詳しく知りたい