ノンジアミンカラーの白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

さいたま市 南浦和でジアミン不使用のノンジアミンカラーで白髪染めのできる美容室です。

こんにちは 頭皮に優しい白髪染めを提案しております 渡邉 佑典です。

ジアミンアレルギーを1度発症してしまうと完治することはできません。
そんな方でもヘアカラーを行うことができるのがジアミンを使用していない『ノンジアミンカラー』です。

ノンジアミンカラーの弱点

そんなノンジアミンカラーの弱点は赤っぽい仕上がりになってしまうと言う点です。

ノンジアミンカラーは赤系の色味(暖色系)の色を作ることは特ですが、青系の色味(寒色系)の色味を作ることは苦手な特性を持ちます。
もちろん、ノンジアミンカラーにも青の色は存在しますが、通常のカラー剤に比べれば発色は極めて弱い(薄い)です。

もちろん、ジアミンアレルギーをお持ちの方でも赤みは抑えて染めていきたいと言うご要望をお持ちのお客様もいらっしゃいます。

そんなお客様に行なっている提案をご紹介していきますね。

ノンジアミンカラーで白髪染め前の状態

全体的に白髪が伸びてきている状態です。
白髪の比率は6割〜7割ほどです。

ジアミンアレルギーを発症してから長い期間が経ち、ノンジアミンカラーも長く続けてこられています。
僕が担当してからは3回目になります。

過去2回の施術時も赤みを抑えるように染めてきているので、初めの頃よりは薄くなってきました。

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

全体

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

左側

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

右側

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

後ろ

ノンジアミンカラーで赤みを抑えていくポイント

ノンジアミンカラーで赤みを抑えるポイントは次の2つです。

  • 白髪を染める際の赤みを少なくする
  • 青の染料を補い赤みを抑える

白髪を染める際の赤みを少なくする

白髪染めの赤みを少なくすることは、すぐに効果が現れるわけでなく将来的に赤っぽさを抑える要素が強くなります。
つまり予防の意味合いが高くあります。

通常、白髪染めは赤系の色素を多く持っています。
これはノンジアミンカラーも通常のカラーも同様です。

白髪を染めるのには赤が必須な訳です。
ただし、100%赤みがないと染まらないと言うわけでもありません。

髪質や白髪の量にもよりますが、赤みの色素を60%〜90%ほどに設定して、10%〜40%を青みの色素にすることも可能です。
白髪が染まるギリギリの色素量を見極めて、余った分の赤い色素を青い色素に置き換えます。

このように根元部分を染めていくことで、その場でははっきりとは感じにくいですが抜けていた時の感じ方に変化が生まれます。

青の染料を補い赤みを抑える

先ほどの手法は将来的な予防の要素が強いですが、こちらは即効性が期待できます。

今までのカラーの繰り返しにより、赤みが残った部分に対し青の色素を補っていきます。
そうすることで赤みを感じにくくなります。

根元部分には白髪を染める要素があるために赤みは必須になりますが、毛先はすでに白髪が染まっているため赤みは必要ありません。
青の色素のみで染めていきます。

ただしノンジアミンカラーの場合はその性質上、青の染料はそこまで強くありません。
赤みを完全に抑えるには繰り返す必要があるため、時間がかかってしまいます。

ジアミンを含まずに白髪染めの赤みを抑えるのにオススメの薬剤

ジアミンアレルギーの方で赤みを抑えたいと言う方には『インディゴ』と言う植物性のハーブカラーをオススメしています。

インディゴといえば、ヘナカラーで染めた際のオレンジ色を打ち消すのにも使用されています。

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

ヘナ染め→インディゴで染めた状態

1度目に染めた後にビビットなオレンジだった状態が、インディゴを塗ることで自然なブラウンへと変化しています。

インディゴは青の色素単体でできているために青みを強く持っていると言うことでも有名です。
そして100%天然の植物を粉末にしたものなので、もちろんジアミンは含んでおりません。

ジアミンアレルギーを発症している方でも問題なく使用していくことができます。

このインディゴを活用して赤みを消していきます。

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑えた白髪染めの薬剤

根元の薬剤は塩基性染料と酸化染料を掛け合わせたものをベースに果糖を加えております。

毛先はインディゴをベースに髪の水分量を調節するトリートメントをミックスしました。

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

2種類のノンジアミンカラー+果糖

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

赤みを抑えてくれるハーブトリートメント

これらを塗っていきます。

カラー前の頭皮保護、そしてカラー剤は頭皮にべったりとつかないようにジャストタッチ。
これらはマストです。

ノンジアミンカラー=ノーリスクと言うわけではありません。
刺激やかゆみを感じる方もいらっしゃいます。

何より頭皮への負担を考慮して染めていきます。

ノンジアミンカラーで白髪染め 仕上がり

撮影した後に気づいたのですが、なぜかエフェクトをかけたかのような写真になってしまいました。
加工したように見えますが、おそらく僕の指紋です。。。

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

全体

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

左側

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

右側

ノンジアミンカラーで白髪染めで赤みを抑える方法をご紹介!

後ろ

根元の白髪はしっかりと染まり、全体の雰囲気も赤みが消えたように感じます。
今までの蓄積した赤みが強く残っているので、完全に消し去ることは難しいですが繰り返すことで徐々に緩和されていきます。

ノンジアミンカラーは赤みが出てしまい、アッシュっぽくはできないと言われる方が多くいらっしゃいます。

確かにその通りですが、その中でも赤みを抑えることは可能です。

白髪染め自体の赤みを抑え、全体に青みの色素を補充する。
この2点で劇的にとまではいきませんが、アッシュっぽい仕上がりに近づけていきことも可能です。

同じように悩まれている方はぜひ参考にしてみてください!

予約、相談をする

メニュー、料金を見る

もっと詳しく知りたい