白髪染め解説

ヘアカラーにかぶれてしまいます。それでも染めたいという希望は叶いますか?

ヘアカラーにかぶれてしまいます。それでも染めたいという希望は叶いますか?
お客様
お客様
ヘアカラーにかぶれてしまいます。それでも染めたいという希望は叶いますか?

結論からお伝えいたしますと、染めることは可能です。

染めることを諦める必要はありません。

 

ただし、かぶれてしまう前のように自由に染めることはできません。

かぶれの症状に合わせて、かぶれる成分を含まないヘアカラー 剤を使用する事が必要となるので色々な制約が生まれることは確かです。

 

また対応している美容院も極めて限られてくるので、その辺りの見極めも重要なポイントとなると思います。

 

この記事ではかぶれる方が髪を染める際にはどんなことに気をつけるべきか?また今後はどんなことに注意して染めていくべきか?についてまとめていきます。

ヘアカラーのかぶれを感じながらも染めることは諦めたくないという方にとっては参考になると思います。

 

ご一読いただければ幸いです。

ヘアカラーにかぶれてしまう。それでも染めたい

ヘアカラーのかぶれといえば次のような事が原因として考えられます。

  1. ジアミンアレルギー
  2. 肌が敏感で薬剤が合わない

どちらも同じくかぶれの症状を引き起こすことに変わりはありませんが、取るべき対策は異なります。

では、それぞれどんなことに気を配るべきなのか?解説をしていきます。

ジアミンアレルギーの方の場合

ジアミンアレルギーはヘアカラー剤に含まれる『ジアミン』という成分に触れる事で起こるアレルギー反応です。

この場合に最も有効なのはジアミンを含まないノンジアミンカラー で染める事です。

 

ノンジアミンカラー とは文字通りジアミンが配合されていないジアミンアレルギーの方向けの薬剤です。

ジアミンの有無以外は通常のヘアカラーと類似していて白髪を染める事もできれば黒髪を明るくすることも可能です。

肌が敏感で薬剤が合わない方の場合

この様な状態にある方の場合には肌の状態に合わせて対策を行なっていく必要があります。

 

敏感肌が軽度の方の場合には頭皮をしっかりとケアしながら染めていくことと、頭皮に薬剤を接触させない事が重要です。

薬剤を使用しているので染めた後の薬剤除去や染める当日の体調管理などに気を配ることも必要です。

 

さらに重度の敏感肌の方は科学的な成分を使用していない薬剤で染める必要があります。

天然のヘアカラーといえばヘナが有名です。

類似品としてハーブカラーやオーガニックカラーなども挙げられますが、どちらも科学的な成分を使用しているので選択には含む事ができません。

 

またヘアカラー以外にも頭皮のバリア機能を高く保つ対策などが有効です。

ご自宅での頭皮ケアや美容院でのヘッドスパなどにも配慮するように心がけましょう。

ヘアカラー時にかぶれにくくなる染め方

普段はどんな染め方をしていますか?というと大抵の方は何となく染めていますと答えられます。

かぶれやすい方はそれではいけません。またかぶれにくい方でも無対策のまま染めていては長く健康的に染めることはできないでしょう。

 

具体的な提案としては次のような点を意識しております。

  1. 染める前には頭皮の油分を補給する
  2. 染めた後には薬剤をいち早く除去する
  3. ヘアカラー後は頭皮のデトックスと油分の補給を行う

染める前には頭皮の油分を補給する

頭皮の表面には脂の膜が張っている状態です。

これがあることでヘアカラーからの刺激を緩和する事ができています。

 

ただしかぶれやすい方の場合は脂の膜が少ない傾向にあります。

その場合、薬剤の刺激をダイレクトに受けてしまうので、染める前には人工的に脂を補うケアが有効です。

 

染める直前にシャンプーをする事で油分量が低下するので、施術前には洗わないことを推奨しております。

染めた後には薬剤をいち早く除去する

染めた後の薬剤はシャンプーをすれば除去できると認識されがちですが、これは大きな誤りです。

 

正確に言えば、シャンプーだけでは2週間前後は髪と頭皮に薬剤が残留します。

その影響で施術後の痒みや刺激、髪で言えばヘアダメージの進行につながります。

 

施術後は専用の酵素や酸などを使用し薬剤の除去を行い、できるだけ早く頭皮のストレス緩和を心がけるようにする必要があります。

ヘアカラー後は頭皮のデトックスと油分の補給を行う

髪を染める事で頭皮の油分が減少し、バリア機能は弱まります。

 

そのままでも徐々に回復はしていきますが、外的ダメージを減らすためにもできるだけ早く油分を補う事が必要です。

また油分が低下していると頭皮の水分が抜けやすくなり、乾燥が進行し結果的にかゆみを引き起こす事が考えられます。

 

施術後の早いタイミングで、頭皮がもともと持っている油分構造に近いホホバオイルをベースとした天然オイルを使用し頭皮の油分バランスを整えてデトックスをするケアが有効です。

 

ちなみに頭皮の保油ケアは絶対にご自宅でのケアも取り入れるべきです。

これだけで頭皮の質は大きく向上していきます。

ヘアカラーにかぶれてしまう方でもこのように染めています。

様々なお悩みがあるので一概にひとまとめにすることはできませんが、かぶれの症状がある方でもこの画像のようにヘアカラーを楽しむことはできております。

 

まず取り組むべきはなぜかぶれの症状が出ているのか?を特定することです。

それがわかれば次にかぶれの症状が出ない薬剤を探す事ができます。

 

そうしていく中で自分にあった染め方を見つける事ができるのだと思います。

 

またそれと並行して重要な事が頭皮のコンディション維持です。

いくら負担が少ないからと言って不健康な頭皮では、負担の少ないヘアカラーにすら耐える事ができません。

 

それどころか薬剤に耐える事ができなくなれば2度と染める事ができなくなる恐れもあります。

 

健康な頭皮とストレスフリーなヘアカラーは表裏一体です。

長く健康に髪を染めていくためにも頭皮の土台作りにも目を向けてみてください。