ノンジアミンカラー実例

【ノンジアミンカラー実例】髪を明るく染めると白髪が染まらない?

お客様
お客様

ジアミンアレルギーを発症後にノンジアミンカラー に切り替えました。

明るい白髪染めをお願いたのですが、直後から白髪が染まりきっていませんでした。

それから3ヶ月後が経ったのですが、新しく伸びてきたところと中間から毛先の白髪が気になります。

ノンジアミンカラー で明るく白髪を染めることはできないのでしょうか?

前提として明るいカラーと暗いカラーであれば、暗いカラーの方が白髪は染まりやすくなります。

理由は染料濃度(白髪を染める力)の差です。

美容師
美容師

通常のカラーよりもノンジアミンカラー の方が染めるパワーは劣ります。明るくすればするほど白髪の染まりは顕著に弱くなります。

それをカバーするためには最適化した染め方でのアプローチが必要となります。

白髪染めの場合は明るくなると染まりが悪くなることは事実です。

これを理解した上で解消するような染め方をすることでノンジアミンカラー であっても明るさと白髪の染まり感を両立することは可能です。

 

今回はお客様の実例を交えて明るく染めながら白髪をカバーするポイントを解説していきます。

【ノンジアミンカラー で明るく白髪を染める】まずは状態の確認

お客様のご来店時の状態を確認させていただきます。

  • 直近3回ほどはノンジアミンカラー で染めている。
  • 明るくなるタイプのノンジアミンカラー(一応白髪染め?)を使用。
  • 染め上がりから白髪部分が染まっていなかった。
  • 最後に染めてからおよそ3ヶ月が経過している。

お客様の状態を見てお伝えしたことはノンジアミンカラー で明るく染めることは少し難易度が高めの髪質をされているということでした。

  1. 髪の毛を見たときに黒い髪の毛と白い髪の毛が半分半分くらいに混在しているということ
  2. 髪質がしっかりとされているため元々明るくなりにくい髪質をされている

どちらも良い悪いということではなく明るく白髪を染めるということと相性が良くないと感じました。

とは言え、できる限りでご意向にはお応えさせていただきますので次のようなご提案をさせていただきます。

【ノンジアミンカラー で明るく白髪を染める】アプローチ方法

ノンジアミンカラー であってもジアミン を含むカラーであってもこのような状態のお客様には次のようなプロセスでアプローチをしていく事が多くあります。

  • 1回目のカラーは白髪は染めずに黒髪を明るくする
  • 2回目のカラーは明るくすることはせずに白髪を染める

一般的なヘアカラーの方法では明るくしながら白髪を染めるというようにワンプロセスで2つの工程を行います。

当然ながら明るくするパワーを高くすれば白髪は染まりにくくなりますし、白髪の染まりを優先すれば暗く仕上がります。

 

前回のカラーでお客様のイメージと相違があったのは上記が原因です。

 

原因がわかれば改善は簡単です。単純にワンプロセスで行っていたものをダブルプロセスにして分業化すれば解決します。

まず1回目は白髪を染めることは一切無視して黒髪の部分を明るくすることのみに注力してもらいます。

明るく染まり上がったところで、今度は白髪を染めることのみに注力してもらいます。

 

このように分業することで、

明るくすることに100%の力を使い、

白髪を染めることに100%の力を使う事

ができ明るい白髪染めというものが実現できます。

 

ブリーチを使ったダブルカラーと工程は同じですが、10レベルくらいまでの範囲であればブリーチを使う必要もないので通常のカラーとダメージレベルに大差はないと考えております。

【ノンジアミンカラー で明るく白髪を染める】仕上がり

ダブルプロセスでの白髪染めが完了し、栄養の補給と頭皮のデトックスを行った仕上がりがこちらです。

いい感じに染まり上がってくれているのではないでしょうか。

この染まり上がりで完全にジアミンフリーのノンジアミンカラー を使っております。

 

ノンジアミンカラー =白髪が染められない

ノンジアミンカラー =明るく染める事ができない

 

のではなく、使い方次第では可能性を大きく広げる事ができると思っております。

ノンジアミンカラー はまだまだ進化できる

今回、ご相談をいただいたお客様も仕上がりには大変ご満足をいただきました。

お客様
お客様

以前は白髪が染まらなかったものの、しっかりと染まりました。

またノンジアミンカラーでも痒みを感じていましたが今回は全く感じませんでした。

ノンジアミンカラーは確かに通常のカラーには劣ります。

しかし理解して上手く使うことで可能性はまだまだ大きく広げられると思っております。

 

お客様の現状となりたいイメージに合わせて最適化したノンジアミンカラー のプロセスを当てはめる事ができれば、なりたいのイメージは叶えられると思います。

 

ジアミンアレルギーになり、染められなくなってしまった方や

ノンジアミンカラー で染めているけれど思い通りにならないと

お悩みの方は是非1度ご相談ください。

 

何かしらのお力になれると思います!