ノンジアミンカラー解説

【ジアミンアレルギーでも紫シャンプーは使える?】美容師が教えます

お客様
お客様
ジアミンアレルギーでも紫シャンプーは使うことはできますか?

ジアミンアレルギーを発症されている方でも紫シャンプーを使用することはできます。

美容師
美容師

ジアミンカラーよりも色落ちが早いノンジアミンカラー ですが、紫シャンプーを使用することで色落ちを防ぎながら色を補う事ができるのでとてもおすすめです。

ジアミン染料は使用していない代わりに塩基性染料というノンジアミン染料が使用されているのでアレルギーにお悩みの方でも安心してお使いいただく事ができます。

 

ただし、過去にカラートリートメントなどにアレルギー反応や刺激を感じた経験のある方は避けておく事が無難だと思います。

 

この記事では紫シャンプーの特徴やジアミンアレルギーの方が使用する上で気をつけて欲しい事、ノンジアミンカラー との相性などを解説していきます。

 

ジアミンアレルギーがあって紫シャンプーを使うことに不安を感じられている方は是非ご参照ください。

ジアミンアレルギーでも使用可能?紫シャンプーとは

結論:ジアミンアレルギーの方でもご使用いただく事が可能です。

 

紫シャンプーとは紫色の染料が配合されたノンジアミンタイプのカラーシャンプーです。

 

カラーをした後から使い始めることで退色防止効果(色落ち)や色を補充してくれる効果が期待できます。

 

紫シャンプーに使われている染料の多くは塩基性染料と呼ばれるもので、ジアミンは一切含まないノンジアミンタイプの染料になります。

 

そのため、ジアミンアレルギーにお悩みの方でも安心してお使いいただく事ができると言えます。

【ジアミンアレルギーでも使える!】カラーシャンプーはなぜ紫色が配合されているの?

カラーシャンプーの多くに紫色が使用されているのには次の2つの理由があります。

  1. 髪の毛髪の毛が退色したときの黄ばみを抑えてくれるから
  2. 赤と青の両方の性質を持っているから

順番に解説をしていきます。

髪の毛髪の毛が退色したときの黄ばみを抑えてくれるから

ヘアカラーを繰り返していくと毛先部分は必ず黄色っぽく退色(色落ち)していきます。

特にノンジアミンカラー は深みを出すようなベースカラーの色合いが弱く、長く続けるほどに黄色っぽく抜けていきます。

 

その黄色の予防に効果的なのが紫色です。

 

黄色と紫は補色関係にあり退色したときに感じる嫌な色落ちをクリアな色合いに整えてくれる効果があります。

 

継続して使う事で色落ちを予防し、毛先の変色を抑えてくれるので長く色合いを楽しむ事ができます。

赤と青の両方の性質を持っているから

紫という色は赤と青の中間色となっており、両方の性質を持ち合わせています。

 

そのため、

暖色系のカラー(赤系)をされている方でも

寒色系のカラー(青系)をされている方でも

白髪染め(ブラウン系)をされている方でも

使用する事ができます。

 

また暖色系で染めた次のカラーで寒色系に切り替える場合などのカラーチェンジの際にも悪影響を与えずらく、スムーズに移行できるといった点も嬉しいポイントです。

ちなみに

カラーシャンプーといえば紫シャンプーが有名ですが青やピンク、シルバーなど様々な種類が存在しています。

ですが、1番使いやすく人気が高いのは上記の理由から紫シャンプーです。

 

ご自身の行っているヘアカラーの色に合わせて選ぶ事で綺麗な色合いを保つ事ができると思います。

ノンジアミンカラー と紫シャンプーの相性はどうなのか?

ノンジアミンカラー とジアミンカラーを比較した場合、やはりジアミンカラーの方が色の持続性が高くあります。

これはカラー剤の性質として受け止めなければいけません。

美容師
美容師
ここで考えるべきは、紫シャンプーを使用すればノンジアミンカラー の色持ちをよくする事ができるのか?という事ですね。

以下の2点に絞って考えてみます。

洗浄力がマイルドで退色防止

紫シャンプーの多くはカラーのアフターケアとして作られているので洗浄力がマイルドで必要以上に髪に負担を与えません。

そのため色落ちの予防に効果的だと言えます。

 

ただし洗う力が弱い事で汚れが残りやすくかゆみを感じる方もいらっしゃいます。

 

そのようにお悩みの場合は

  • 紫シャンプーと通常のシャンプーを1日ごと交互に使っていく
  • 通常のシャンプーで泡だてて流してから紫シャンプーで再度洗っていく

といったいずれかの解消方法をお試しください。

洗うたびに色を補っていく事ができる

紫シャンプーは洗うたびに色を補っていく事ができます。

 

日々のシャンプー、スタイリング時やドライヤーの熱、紫外線、摩擦など様々な理由で少しずつ染めた色は抜けていきます。

そんな時に紫シャンプーの色素が髪に入る事で、抜けた色と入れ替わって色の持続性を高めてくれます。

 

特に色落ちが早いと言われるノンジアミンカラー には退色防止効果と色を補う効果の二面性を持つ紫シャンプーは必須のマストアイテムだと考えております。

カラートリートメントでかぶれる方は要注意

紫シャンプーにはジアミンは使用されていないのでジアミンアレルギーの方でも安心してご使用をいただく事ができます。

 

ただし、過去にカラートリートメントでかぶれた経験のある方は注意をしてください。

 

カラートリートメントでかぶれる主な原因は

  • 塩基性染料による影響
  • カチオン界面活性剤による影響

が考えられます。

 

界面活性剤の場合は問題はありませんが、塩基性染料が原因の場合は残念ながら紫シャンプーを使用する事ができません。

 

上記のどちらが原因かわかりかねる場合には紫シャンプーをパッチテストする事で判断ができます。

【ジアミンアレルギーでも紫シャンプーは使える?】美容師が教えます

結論:ジアミンアレルギーの方でもご使用いただく事が可能です。

 

  • 紫シャンプーには塩基性染料が使われており、ジアミンは未配合
  • 退色時の黄ばみを抑えて色を綺麗に、カラーチェンジもしやすい
  • カラートリートメントにかぶれる方は気をつけて

 

紫シャンプーはノンジアミンカラー の弱点を補ってくれる優秀なアイテムです。

そういった意味ではジアミンアレルギーの方のマストアイテムではないでしょうか。

 

すぐに黄色っぽくなってしまう方やノンジアミンカラー の色落ちが早くて気になっている方は是非日々のヘアケアに取り入れてみてください。