ノンジアミンカラー解説

【ジアミンアレルギーが首に?】考えられる原因を美容師が考察します

お客様
お客様

ノンジアミンカラーで染めているのにジアミンアレルギーの症状が首にだけ出てしまいます。

どんな事が考えられますか?

もし、その反応がジアミンアレルギーによるものだとすれば首にジアミンが接触している可能性が考えられます。

美容師
美容師
どのようなケースが考えられるのか?_と言われればノンジアミン対応を怠っている事が原因ではないでしょうか?

ジアミンアレルギーの症状はジアミンの量や濃度では変わりません。

ジアミンに接触したか、していないかの2択です。

 

反応が出ているということは首周辺にジアミンが接触してしまったと考える事が自然な判断であると思います。

もしくはジアミンアレルギー以外の皮膚トラブルやアレルギー反応の可能性が考えられるかと思います。

 

詳しく解説をしていきます。

【ジアミンアレルギーが首に出る】ノンジアミン対応はしていますか?

ジアミンアレルギーの反応が出るということはジアミン と接触していると考えるべきです。

美容院で施術を行ったのであれば次のような原因が予想できます。

  • タオルにジアミンが付着していた
  • カラーに使用するクロスを使い回した
  • カラーに使用するシャンプークロスを使い回した
  • カラーに使用するカップ・ハケ・マドラーを使い回した

ジアミンアレルギーを発症されている方への施術の場合は少なくとも上記は専用のものを用意する必要があります。

 

これをSafeBeauでは『ノンジアミン対応』と言いますが、これらを怠れば例えノンジアミンカラー で染めていたとしてもジアミンアレルギーの症状が発生してしまうことも考えられます。

 

ノンジアミンカラー の施術を行う場合には事前にどの程度対応をしているのか?を美容院に確認するようにしましょう。

【ジアミンアレルギーが首に出る】その他の刺激やアレルギーの可能性も考えられる

首に出るアレルギー症状=ジアミンアレルギーではないことも過去にはありました。

 

例えば金属アレルギーや汗などで皮膚炎が起こっている場合です。

ノンジアミンカラー を行う前に肌の状態が炎症が起きていたり、荒れている状態で染めることでアレルギー反応に近い症状が現れることもあり得ます。

 

実際にお客様の施術前には顔まわり、耳周り、首回りは確認して症状がある場合には事前にお伝えをするようにしております。

過去にはその状態で染めたことでノンジアミンカラー でも反応があったというケースも確認をしております。

【ジアミンアレルギーが首に出る】際の具体的な対策

まずは第一にノンジアミン対応を徹底した上で施術を行うことです。

例えカットのみでも対応ができていなければアレルギー反応は起こります。

 

次に染める場合には事前に肌のコンディションが整っているのかを確認することです。

ご自身のみでは把握が難しい場合もありますので、ご不安な方は美容師さんに相談をするようにしましょう。

 

最後に体調が優れない場合や、肌の調子が悪い場合は当日の施術は避けるようにしましょう。

 

例え直近で予定があったとしても無理に染めて肌がひどく腫れたり、かゆみが強く出てしまうような事があれば台無しです。

またアレルギー症状は繰り返すごとに体の拒否反応が強くなります。

 

最悪の場合はノンジアミンカラーであっても使用する事ができなくなることもありますので、美容師さんとコミュニケーションを取りながら自己判断は慎重に行いましょう。

 

ジアミンアレルギーの症状に悩まれている方やノンジアミンカラー でも染める事ができないという方は是非1度ご相談ください。