ヘナで白髪染めは自宅と美容院のどちらが正解?メリット•デメリットまとめ

さいたま市 南浦和で100%天然ヘナを使用した白髪染めができる美容室です。

こんにちは 頭皮に優しい白髪染めを提案しております 渡邉 佑典です。

自宅でヘナを使用している方も多いと思いますが、うまく染められていますか?

今回ご相談をいただいたお客様は長年自宅でヘナを続けてきたベテランのヘナユーザーの方です。

そんなヘナを愛しているお客様ですが、、、。

no-img2″><figcaption class= お客様

ヘナで白髪染めを続けてきたけど、最近白髪が増えてきて染まりに不満を感じています。

白髪の割合がある程度の量を超えるお客様には、お店で染める際はヘナの2度染めを提案しています。

しかし、自宅で染める際はヘナとインディゴのミックスされているものを使用するのが一般的です。

1度染めと2度染めの回数の差と塗布技術の差に仕上がりの違いが生まれます。

お店で染めた染まり上がりを見たお客様は大変喜ばれておりました。

no-img2″><figcaption class= お客様

やっぱりお店で染めると綺麗に染まりますね。

普段は自宅で行うと言うお客様も、数回に1度はお店で染めて全体の補正をされることをオススメしております。

ヘナカラーで白髪を染める前の状態

定期的に染めに来てくれているお客様です。

といっても前回お店でヘナ染めを行ってから9ヶ月が経過しております。

自宅でヘナ染めをされている方でもできれば2・3ヶ月に1度のペースでお店での補正をオススメしております。

全体

トップ

右側

左側

後ろ

今回はヘナの2度染めを行いました。

ヘナカラーで白髪を染めた後の状態

しっかりと染まってくれています。

ヘナユーザーにとってはこの緑っぽく染まることはお馴染みだと思います。

この状態から数日かけて自然なブラウンへと発色が進んでいきます。

全体(コテ巻き仕上げ)

トップ

右側

左側

後ろ

本日は自宅で行うヘナ染めと美容院で行うヘナ染めのメリットとデメリットについて解説推していきます。

ヘナ染めは自宅と美容院のどちらで行うべき?

自宅で行うヘナ染めと美容室で行うヘナ染めの違い

通常のカラーと違いヘナは繰り返し染めていても肌や髪への負担がかからないと言う点から僕のお客様でも自宅で染めている方もいらっしゃいます。

no-img2″><figcaption class= 渡辺

僕自身も白髪の割合は少ないですが定期的に自宅でヘナをかれこれ3年ほど行っています。

ここで1つ浮かぶのが自宅でできるヘナをわざわざ美容室で行う必要はあるのか?と言うことです。

様々な意見があるとは思いますが、僕自身は必要があると思っております。

ヘナの1度染めと2度染めの違い

お店で染める場合は白髪の割合にもよりますが、ヘナ染めの場合は基本的に2度染めで行うことが多いです。

1度目にヘナ単体、2度目にインディゴ単体と分けて染めることで白髪のカバー率も高まり、より自然なブラウンに仕上がります。

自宅で行う方の多くは1度染めであらかじめヘナとインディゴが混ざったものを使用するため、白髪への色の入りが薄くなってしまいます。

関連記事

 埼玉県さいたま市soco.南浦和で明るい白髪染...
埼玉県さいたま市soco.南浦和で明るい白髪染め、ノンジアミンカラー、ヘナカラーが...
https://watanabe-yusuke-home.com/2018/11/25/henna-stains-in-orange/
白髪染め、ジアミンアレルギーでお悩みの方はご相談ください。

塗布ムラによる染まりムラ

通常のカラーと違い、ヘナは安心して根元から塗れるため染まりムラもできにくいです。

とは言ってもご自身で行う際は多少の塗りムラはできてしまうものです。

お店では根元からしっかりと全体を塗布させていただいておりますので、染まりムラなども起こりにくいです。

しっかりとした知識でヘナを提供できる

ヘナを扱うのにも知識は必要です。

また、お店では月に20〜30名の方のヘナ染めを行っているので、様々なケースでのヘナの対応に慣れています。

自宅で行った際にこんな時はどうすればいいの?ここがうまくいかないなどの疑問の解決も相談いただけます。

自宅でヘナ染めを行うメリット・デメリット

自宅でヘナ染めを行う際のメリットとデメリットをまとめます。

これらを元に自宅でのヘナ染めに適した方は次のような方です

自宅でのヘナ染めに適した人

・頻繁に白髪染めを行う方

・白髪の比率が少なく、ヘナ単品で染めてもOKな方

・ヘナにトリートメント効果を期待される方

白髪が多く2週間ペースで染めるような方は美容室と自宅でのヘナを交互に繰り返されてもいいかもしれません。

間の繋ぎであれば、ヘナとインディゴがミックスされているものでも伸びてきた根元の白髪部分を目立たなくすることもできます。

また、白髪の比率が少なくヘナ単体で染めている方やヘナをトリートメント目的で使用されている方も自宅でのヘナ染めに適していると思います。

特にトリートメント効果を期待するのであれば3時間ほどの放置時間が必要になり、美容室で染めるには現実的ではありません。

そういった方の場合は自宅でじっくりと放置時間を設けることをオススメします。

美容院でヘナ染めを行うメリット・デメリット

美容院でヘナ染めを行う際のメリットとデメリットをまとめます。

これらを元に美容院でのヘナ染めに適した方は次のような方です

美容院でのヘナ染めに適した人

・白髪の比率が多く、しっかりと綺麗に染めたい方

・手軽に済ませたい方

・美容院でゆっくりと過ごされたい方

白髪の比率が多い方の場合は自宅だけのヘナ染めには向きません。

間の繋ぎとして自宅でヘナ染めを行うことはいいと思いますが長期間続けていると、色抜けや染まりムラが毛先に目立つようになります。

そう言った方は交互〜数回に1回美容院でヘナ染めを挟むことをオススメします。

また美容院でゆったり過ごしたい方や自分ではやらずに手軽に済ませた方にはオススメです。

ヘナを塗ること〜シャンプーまで全て行うので気軽にヘナを楽しんでいただくことができます。

まとめ

少し長くなってしまいましたが、今回はヘナ染めを自宅で行う場合と美容院で行う場合のメリット・デメリットをまとめさせていただきました。

人それぞれで色々なシュチュエーションによっても異なってきますが、自宅でヘナを行う選択はいいと思います。

うまくバランスをとって自宅と美容院を使い分けてヘナ染めを楽しんでみてください。

ヘナ染めに関して何かわからないことや質問があればお気軽にお問い合わせください。

施術について詳しく知りたい方はこちらにお進みください。

 埼玉県さいたま市soco.南浦和で明るい白髪染... 
埼玉県さいたま市soco.南浦和で明るい白髪染め、ノンジアミンカラー、ヘナカラーが...
https://watanabe-yusuke-home.com/2018/08/25/urawa_henna-color/
白髪染め、ジアミンアレルギーでお悩みの方はご相談ください。

ご予約・ご相談はこちらからお待ちしております。