ジアミンアレルギー=ノンジアミンカラーで白髪染めの安易な考えは危険かも

さいたま市 南浦和でジアミン不使用のノンジアミンカラーで白髪染めのできる美容室です。

こんにちは 頭皮に優しい白髪染めを提案しております 渡邉 佑典です。

白髪染めの刺激やジアミンアレルギー(白髪染めのアレルギー)で悩まれている方からの相談が増えてきております。

もし、まだアレルギーを発症していないようでしたらいくらでも改善する対策はあります。

no-img2″><figcaption class= 渡辺

我慢してそのまま染めているとアレルギーを引き起こすだけでなく、抜け毛などの原因を引き起こしてしまう可能性もありますよ!

ジアミンアレルギーを発症してしまっている方はジアミン染料を含まない『ノンジアミンカラー』への切り替えをオススメしております。

本日はジアミンアレルギーに悩むお客様からのご相談を紹介していきます。

ノンジアミンカラーをご希望のお客様

ジアミンアレルギーの疑いを持たれているお客様からいただいたご相談です。

お客様からの相談

早々に連絡いただきありがとうございます。遅くなりすみません。
〇〇と申します。

希望のメニューは、
多分ジアミンアレルギーだと思います(病院で診断は受けていません)
カットと白髪染めをお願いします。

僕からの質問

お客様からの回答

はい。
白髪染めをする度にピリピリと感じてはいましたが、気にせずにいました。
1度目は、白髪染めをして家に帰ってから、頭皮がとても痒くなりました。その時は、アレルギーだと思わなかったので、2か月後にまた染めに行きました。そしたら今度は終わった直後から前髪の生え際が赤くなり、頭皮が痒くなりました。
そんな感じです。

ジアミンアレルギーの疑いのあるお客様からご相談をいただいた際にはこのように事前に確認を行わせていただきます。

症状を把握できればジアミンアレルギーの有無を予想することも可能です。

それにより最適なメニューや施術方針の大まかな方向性を定めていきます。

1番確実なのは『パッチテスト』を行うことです。
全員のお客様に行うことは難しいですが、ご希望の方にはお時間をいただき対応をさせていただいております。

今回のお客様のケースでは

  • カラー剤を塗った直後からの刺激
  • 数時間後にかゆみの症状が現れる
  • カラー後に炎症、かゆみの症状が現れる

というものです。

僕の見解でもこれはジアミンアレルギーと断定できるものです。

また、ジアミン以外のカラー成分にも頭皮がかなり敏感になっていることも予想できます。
状態を見ながら慎重に進めていく必要があります。

ノンジアミンカラー前の状態

全体

トップ

右側

左側

ジアミンアレルギーを発症してからしばらくの間は怖くて染めることができなかったそうです。

その期間は自宅でヘアマニキュアを使用していたようですが、限界を感じられていたそうです。

no-img2″><figcaption class= 渡辺

1度症状を体感してしまうと染めることにかなり抵抗を持たれてしまうと思います。
それでも、刺激や症状を抑えて染める方法も必ずあります。
悩む前にご相談ください!

ノンジアミンカラーによる施術プロセス

先ほども書いたように今回のお客様は『カラー直後の刺激』と『時間がたってからの刺激』の2つの種類の刺激を感じられていました。

時間がたってからの刺激の場合は、ジアミン染料によるものが考えられます。

この場合はカラー剤をノンジアミンカラーに置き換えるだけで解消されます。

しかし、カラー直後の刺激はアルカリ剤や過酸化水素水によるものが考えられます。

ものによってはノンジアミンカラーにも含まれる成分なので、刺激を感じてしまう恐れもあります。

黒髮でOKであればそれらを含まずに染めることは可能ですが、今回はやや明るい仕上がりを希望されているので必須です。

低刺激なノンジアミンカラー

そのため、今回はジアミンはもちろん0%でアルカリ剤や過酸化水素水といった刺激成分を極力抑えた配合で染めていきます。

3種類を組み合わせたノンジアミンカラー

通常のノンジアミンカラーよりもかなり優しい配合です。

もちろん前処理や中間処理はしっかりと行なっていきます。
ありとあらゆる刺激緩和の対策を行います。

ジャストタッチ

これを頭皮からギリギリの位置まで塗っていきます。

no-img2″><figcaption class= 渡辺

しみていますか??

no-img2″><figcaption class= お客様

大丈夫です。

このタイミングでの異常はありません。

20分ほどお時間を置いたらお流し、シャンプー、後処理、トリートメントと施術を進めていきます。

ノンジアミンカラー後の仕上がり

仕上がりの状態です。

全体

トップ

右側

左側

黒く伸びていた根元も明るくなり、目立っていた白髪もしっかりと染まってくれましたね。

薬剤のパワーを落としてもしっかりと染めることは可能です。

逆に通常のパワーは強すぎると思っているくらいです。

no-img2″><figcaption class= 渡辺

刺激は感じますか??

no-img2″><figcaption class= お客様

全くありません。
違和感も感じていません。

何事もなく一安心です。

カラー剤の何の成分に弱いのかを見極めることが大切

ジアミンアレルギーの方=ノンジアミンカラーで染めればいいというわけではありません。

症状を見極めて、何に弱いのかを認識していないとノンジアミンカラーでも刺激を感じることはあります。

逆に苦手なものを把握していれば、いくらでも対策をとることは可能です。

今までどこの美容室で染めても刺激を感じてしまい、悩まれている方やジアミンアレルギーの症状がひどく染めることが困難な方はぜひ1度ご相談ください。

きっと染められる方法はあります!

予約、相談をする

メニュー、料金を見る

もっと詳しく知りたい