ノンジアミンカラー実例

【ノンジアミンカラー実例】痒くならない白髪染めでしっかりと染める

【ノンジアミンカラー実例】痒くならない白髪染めでしっかりと染める

こんにちは。

埼玉県さいたま市にてジアミンアレルギーの方へのヘアカラーを専門に施術をしている美容室『Safe Beau』です。

 

この記事では白髪染めで痒みを感じずに染めることはできるのか?という疑問を実例と合わせてご紹介していきます。

 

痒みを感じながら白髪染めを続けている方は思っている以上に多くいらっしゃいます。

美容師
美容師
お客様に伺っていても刺激を感じなかったことはないという方もいらっしゃるほどです。

でもね、白髪染めで痒みを我慢しながら染め続けることはお勧めできません。

美容師
美容師
私の体感・・・というかアレルギーに悩んでいるお客様の大半が以前から白髪染めに痒みを感じていたということをおっしゃられています。

確証も証明もありませんがジアミンアレルギーを発症している方の多くはその前から痒みの前兆を感じていたということになります。

 

現状でアレルギーを発症していないのであれば早いうちから対策をとっておけば事前に防ぐことができるかもしれません。

ノンジアミンカラーで白髪染め

今回は痒みへの対策としてノンジアミンカラーを使用して白髪を染めていきました。

お客様
お客様

全く痒みもなく過ごすことができました!

画像にあるとおり髪を明るくしながら白髪を染めることができるので通常のカラーに慣れている方でも違和感なく染めることができると思います。

Before

染める前の状態を詳しく見ていきましょう。

前回染めてから2ヶ月ほどが経過しています。

毛先部分にはやや色抜けが見られます。

全体を見てみると白い部分と黒い部分が混在しているのがわかります。

ほとんどが白髪の場合はヘナや塩基性カラーなどより刺激の少ない薬剤が有効ですが、黒髪が混在している方の場合は明るくしながら染めていく必要があります。

After

染まり上がりの状態です。

全体は落ち着いたお色に仕上げ、

根元に伸びていた白い部分はしっかりと染め、黒い部分は明るく染め上げます。

染める前のケアとトリートメント成分が豊富な薬剤で染めているので2ヶ月に1度のペースで染めていますが毛先までプルプルです。

白髪染めで痒みを感じる方はノンジアミンカラーを検討してみて

冒頭でもお伝えしましたが普段から白髪染めに対して痒みを感じている方は今後ジアミンアレルギーを発症する確率が高いと思います。

美容師
美容師
これは私個人の意見ではなくお客様方が感じている経験談です。

今後、取るべき対策は2点です。

  1. ノンジアミンカラーに切り替える
  2. ヘアカラーのやり方を見直す

それぞれ解説をしていきます。

ノンジアミンカラーに切り替える

ジアミンアレルギーへの対策として最も有効なことはノンジアミンカラー(ノンアレルゲン)に切り替えることです。

 

ノンジアミンカラーとは実際にジアミンアレルギーを発症されている方でも使える薬剤でアレルギーの原因物質を配合しておりません。

 

そのため、ジアミンアレルギーを予防するという観点からも有効な選択の1つです。

 

ただし今回のように明るくしながら染めなければいけない場合はノンジアミンカラーであっても痒みを感じる可能性があります。

 

そのようなケースではヘアカラーのやり方そのものを見直す必要があります。

ヘアカラーのやり方を見直す

実際にヘアカラーのやり方と言ってもお店ごとに様々です。

 

ここでは私が取り組んでいるヘアカラーを軸にお伝えしていきます。

美容師
美容師
  • ヘアカラー前には事前に頭皮を保護します
  • 薬剤には頭皮の保護剤を混ぜたものを使用し、できるだけ頭皮に触れないように塗布していきます
  • ヘアカラー後は薬剤の残留を最小限に抑えてオイルを使用したヘッドスパでデトックスをしていきます

少なくともヘアカラーを行う際はこれらを併用して行なっていく必要があります。

 

ヘアカラーによるアレルギーは積み重ねによって引き起こります。

 

今後10年、20年続けていくためにも1回1回の頭皮への負担を最優先に考えてヘアカラーと付き合っていきましょう。

 

美容師
美容師

有効な対策やプランニングに関しては人それぞれ異なります。

自分にはどのようなことが有効かに関してはご来店時に直接ご質問ください。

白髪染めにおいて痒みを感じないことが普通だと認識しよう

染めていく中で常に痒みを感じていると痒いことが普通だと認識してしまうようですが、実際には痒くないことが普通です。

 

痒みを感じているということはなんらかの異常が出ているということなので、使う薬剤か染める方法を今直ぐ見直すようにしましょう。

美容師
美容師

今染めている薬剤を変えなくとも、染め方を変えることで痒みを感じずに過ごすことも十分に可能だと思います。

お店の顧客様を例に考えても始めは痒みに悩まれているお客様も3回ほど通っていただければ痒みを感じずに白髪染めができるようになっています。

 

原因を突き止めて改善することが重要です。

【ノンジアミンカラー実例】痒くならない白髪染めでしっかりと染める まとめ

白髪染めの際に常に痒みを感じているということは異常なことだと認識しましょう。

 

痒みを感じているということは何らかの成分があっておらず体からSOS信号が出ている状態です。

 

今回の記事ではノンジアミンカラーへの切り替えを推奨しましたが、それだけが答えではありません。

 

今までと同じ薬剤でもやり方を変えるだけで改善していく可能性は十分にあります。

 

長く白髪染めを続けていくためにも安全な白髪染めを早いうちから取り入れることを推奨します。