ノンジアミンカラー実例

【ジアミンアレルギーでも明るくしたい】実例を交えて解説します

お客様
お客様

ジアミンアレルギーを発症してしまい、以前の美容院に相談をしたところ黒く染めることはできても明るく染めることはできないと言われてしまいました。

明るく染める方法はないのでしょうか?

ジアミンアレルギーの方でも明るく染める方法はあります。

基本的には通常のカラーでできる範囲の明るさは全て叶える事ができます。

美容師
美容師
1つ気をつけてほしいことを挙げるとすれば、極端に明るい状態になった髪色を暗く落ち着かせることは難しくなります。

明るい状態をキープしていくのであれば問題ありませんが、短期的に明るくするような場合であれば事前に上記のことを頭に入れておく必要があります。

 

ジアミンアレルギーを発症してしまった後にはジアミン成分を含まないノンジアミンカラーで染めていく必要があります。

ノンジアミンカラーを使用することで基本的には明るくする事ができますのでご安心ください。

 

今回は実際にお客様の事例を交えて解説していきますので、同じようにお悩みの方はご参照ください。

【ジアミンアレルギーでも明るくしたい】染める前の状態

まずは染める前の状態です。

  • 前回染めてから2ヶ月ほどが経過
  • ジアミンアレルギーになってから染めてはいない
  • 根本が黒く目立ってきた事が気になる

ジアミンアレルギーを発症後は通常のカラー剤は使用できなくなります。

そのため、今回はジアミンを使用していないノンジアミンカラーで染めていきます。

 

前回のようにアレルギー症状になったら・・・。とご不安も相談いただきましたが、ノンジアミンカラーであればジアミンアレルギーの症状が起こることはありませんのでご安心ください。

【ジアミンアレルギーでも明るくしたい】ノンジアミンカラーで明るく染める際の注意点

さて、ノンジアミンカラーで明るくできるということはお伝えさせていただいた上で覚えておいてほしい注意点もございます。

  • 極端な明るさを作る場合はリカバリーのことも考えて
  • 明るくするということは刺激を感じることもある
  • 全てのノンジアミンカラーが明るくなる訳ではない

順番に解説をしていきます。

\\ジアミンアレルギーでも染められる//

極端な明るさを作る場合はリカバリーのことも考えて

極端なことを言えばジアミンアレルギーの方でもブリーチを行うことは可能です。

ただし明るくした後のことも考えておく必要があります。

 

ノンジアミンカラーの場合は明るくすることは比較的容易ですが、暗い色を保つことは得意ではありません。

 

長期的に明るさを持続させる場合は問題ありませんが、明るくしてすぐに暗く戻すことは難しいということは理解しておきましょう。

 

明るくするにしても10レベルくらいまでに留めておくと安心です。

明るくするということは刺激を感じることもある

ジアミンアレルギーの方はノンジアミンカラーを使用することでアレルギーの症状はなく明るく染める事ができます。

 

ただしカラーを塗った直後〜放置時間に刺激を感じる可能性はあります。

これは脱色作用によるものでジアミンによるアレルギーとは別のものです。

 

頭皮の保護や薬剤の塗り方によって刺激の有無は変わってきますので、刺激を感じやすい方は事前に申告をしておきましょう。

全てのノンジアミンカラーが明るくなる訳ではない

ノンジアミンカラーにはいくつかの種類がありますが、その全てが明るくできるという訳ではありません。

 

明るくできるものもあれば、暗くすることのみができるノンジアミンカラーもあります。

 

仕上がりのイメージに合わせて使用していくノンジアミンカラーも変える必要があるので始める前に確認をしておきましょう。

【ジアミンアレルギーでも明るくしたい】仕上がりの状態

色々なメリットやデメリットをお伝えさせていただいた上で施術に移り、仕上がりの状態です。

全体の明るさは落とさずに根元の部分は合わせるように染めていきました。

 

明るくする薬剤を使用すると頭皮は少なからずストレスを受けます。

それをリラックスさせるためにカラー後は頭皮のデトックスと、髪の状態を高めるために髪質改善を合わせて行いました。

 

今回は全体カラーを行いましたが、染める前よりもコンディションが高くなっていると思います。

【ジアミンアレルギーでも明るくしたい】ノンジアミンカラーで明るく染め上げた実例紹介

ジアミンアレルギーの方が明るく染めるといっても事例は様々です。

過去にブログで解説した事例も合わせて参考にしてみてください。

【ジアミンアレルギーでも明るくしたい】実例を交えて解説します まとめ

結論から申し上げますとジアミンアレルギーでお悩みの方でも髪色を明るく染めることは可能です。

基本的には通常のカラーでできる明るさはノンジアミンカラーでも再現することはできます。

 

ただ今回の記事でも紹介したように明るくすることにはいくつかのデメリットもありますので、実際に施術を行う際は頭に留めておいてください。

 

ジアミンアレルギーを発症すると染めることは2度とできないと肩を落とす方が多くいらっしゃいます。

私はそんなことはないと思います。実際にアレルギーに悩む方でも顧客様の多くはカラーを楽しまれていらっしゃいます。

 

お客様に合わせたカラーの施術方法があると思いますのでお悩みの方はご相談ください。

 

ジアミンアレルギーになり、染められなくなってしまった方や

ノンジアミンカラー で染めているけれど思い通りにならないと

お悩みの方は是非1度ご相談ください。