このページをご覧になられている方の中には、ジアミンアレルギーやヘアカラー剤による刺激に悩まれている方も多いと思います。
そのようなお悩みをお持ちの方はぜひご一読ください。

ジアミンアレルギーとは?
【白髪染め、ノンジアミンカラー、ヘナカラーが得意な美容室】

ジアミンアレルギーとはカラー剤に含まれる『ジアミン』という成分により引き起こるアレルギーのことを指します。
美容室の9割以上の薬剤はこのジアミンが含まれているものになります。

毎回のヘアカラーでジアミンに触れることで過敏になり、ある時突然発症することが特徴です。
よく花粉症に例えられます。

ジアミンアレルギーのジアミンアレルギーの主な症状

ヘアカラーを行った直後に次のような症状が起こります。

  • かぶれる
  • かゆみが出る
  • 炎症が起こる
  • 激しい痛み
  • 頭痛
  • めまい

ジアミンアレルギーの特徴はヘアカラーを行なった“直後”ではなく“数時間後〜翌日”に症状が現れるという点です。
家に帰ってから、もしくは翌日に『おかしいな』と感じたらジアミンアレルギーを疑いましょう。

ジアミンアレルギーの症状が起こった後に取るべき行動

ジアミンアレルギーの発症を疑ったら素早く次の手順で行動をしましょう。
時間の経過とともに症状が悪化していく恐れがあります。

1 病院に行く

まずは病院へ向かいましょう。
皮膚科やアレルギー科などではスムーズに対応を行なってくれます。

息苦しい時やその場から動けないなどの場合は救急車などを呼ぶことも考えましょう。
重症化している場合はアナキラフィシーショックを引き起こす可能性もあり命に関わるケースも報告されています。

2 美容室に報告をする

ジアミンアレルギーが引き起こったことを報告しましょう。
誤って、次回以降でジアミン入りの薬剤を選定されては事故の元になります。

気に入って通っている美容室であればジアミンアレルギーの方向けの薬剤を取り扱っているのかの確認も行なっておきましょう。

ジアミンアレルギーの治る可能性
【白髪染め、ノンジアミンカラー、ヘナカラーが得意な美容室】

ジアミンアレルギーは1度発症すると治ることはありません。
また、ジアミンアレルギーの症状が出ているのにも関わらず、繰り返しカラーを行っていくことで症状は次第に悪化していきます。

そのため、1度アレルギーを発症すると2度とヘアカラーを行うことはできません。

ジアミンアレルギーの方が使用できるヘアカラー剤

ジアミンアレルギーの発症後は使用できる薬剤は絞られてしまいますが、染める方法はあります。
それがジアミン成分を含まない『ノンジアミンカラー』です。

ノンジアミンカラーは大きく分けると5つに分類されます。

  1. 塩基性カラー
  2. ヘナカラー
  3. 非ジアミン系酸化染料カラー
  4. ヘアマニュキア
  5. 脱色剤(ブリーチ剤)

これらを仕上がりのイメージやお客様の症状に合わせて使い分けていくことで、ジアミンアレルギーの方でもヘアカラーを楽しむことができます。

当サロンでの使用薬剤
【白髪染め、ノンジアミンカラー、ヘナカラーが得意な美容室】

当サロンでは5種類のノンジアミンカラー剤のうちヘアマニュキアを除く4種類のものを取り揃えております。
そこからさらに分類され、常時約50種類前後の薬剤を取り揃えてり、お客様の様々なご要望や症状に合わせて適切な施術をご提供しております。

その症状は本当にジアミンアレルギー?

最近ではようやくヘアカラーの危険性などに注目が集まり、ジアミンアレルギーの認知度も高くなってきました。
その反動で正しい知識のない美容師が誤った診断をしてしまい、勘違いをしているお客様も少なくはありません。

カラー剤の塗布直後に現れる刺激やかゆみなどが原因でジアミンアレルギーと伝えられている方は、ジアミンアレルギーでない可能性もあります。
実際にサロンにご来店されるお客様の中でもジアミンアレルギーを疑われながらも実際には誤診だったというケースは1/3程度ございます。
そのような方の場合は特別な塗布方法や配合を調節したオリジナルの薬剤で対応できる可能性もございます。

ジアミンアレルギーの診断を受けた方でも僕独自の皮膚化学と薬剤学を駆使した問診と、場合によってはパッチテストなどを併用して正しい診断を行っております。
何か気になる方はなんでもご相談ください。

ジアミンアレルギーが治る可能性

ジアミンアレルギーが治る可能性についてより詳しくまとめた記事もございます。
合わせてご覧ください。

ご予約やご相談などは下記画像をクリックしてください。
ご来店いただけない方でご相談のみでも無料にて承ります。


南浦和美容室