白髪染め解説

白髪が増える原因はヘアカラー?白髪染めで肌が痛むリスクと対策

白髪が増える原因は白髪染め?今日から始められる3つの白髪対策

最近白髪が増えたなぁ、とお悩みではありませんか??

もしかしたら、その増えた白髪の原因は白髪染めによるものかもしれません。

お客様
お客様
え!?白髪染めで白髪が増えるって??

肌は酸化することで老化していくと言われています。

最近ではアンチエイジングのケア化粧品なども増えてきましたがアンチエイジング=抗酸化という意味で酸化を食い止めるという意味があります。

それに対してヘアカラーを行うと2剤に含まれる酸化剤が肌を酸化(老化)させていきます。

今回の記事ではどうすれば改善していくことができるのかに関してまとめていきます。

白髪が生える原因は酸化による要因が大きい

白髪の原因は数多く考えられています。

1つの明確な理由があるというよりも様々な要因が重なって引き起こります。

老化・遺伝・ストレスなどはなんとなくイメージされやすいと思います。

他にも食生活や睡眠不足による生活習慣の乱れ・紫外線も原因と成り得ます。

その他に大きな要因が白髪染めによる酸化の影響です。

今回はこの白髪染めによる影響に注目して解説していきます。

白髪染めには酸化作用が必須で肌も酸化してしまう

若い頃から白髪がある、年齢を重ねて白髪が増えてきた。

これらは遺伝によるものや老化によるものと考えるのが自然です。

ただ、これらのタイミングで白髪染めを初めてそれと共にグッと白髪の割合が増えたというお悩みを抱えている方の場合は白髪染めが原因の可能性も大いに考えられます。

周りの知り合いでも白髪染めをしていない人の方が白髪の割合が少ないなんてこともあるはずです。

僕自身も多くの白髪に悩まれているお客様に接している中でよく感じていることです。

白髪染めは頭皮を酸化させる

白髪染めには1剤と2剤があり、混ぜ合わせることで白髪を染めることができます。

この2剤の成分が酸化剤でできており、髪を染めると共に頭皮を酸化させてしまうデメリットがあります。

酸化=老化 と考えてもらえるとわかりやすいと思います。

つまり白髪染めを繰り返すことで頭皮はどんどん老けていきます。

ハイペースでの白髪は要注意!

特に2週間ペースなど短い期間の間に白髪染めを行なっている方は要注意です。

肌のターンオーバー(生まれ変わりまでの期間)は28日ペースと言われています。

これより短いペースでの白髪染めはオススメできません。

短期間で繰り返し染めていきたい方は酸化剤を使用しないタイプの白髪染めがオススメです。

白髪染めで白髪を増やさないためにできる取り組み

白髪染めで白髪が増えるということがわかってもほとんどの方は白髪染めを辞める選択はできませんよね。

では、どのように染めていけば頭皮を老けさせずに白髪を染めていくことができるのでしょうか?

僕なりの対策を3つにまとめてみました。

順番に解説していきます。

白髪の染め方に気をつける

白髪染めの際には3つのケアを推奨しています。

  1. 染める前のケア
  2. 染め方によるケア
  3. 染めた後のケア

よく染める前に髪へのケアや染めた後にトリートメントなどでケアを行いますよね。

それと同じ感覚で頭皮へのケアも必要なんです・・・。

しかし実際に行なっているお店は少なく、それにより頭皮へのトラブルが増加しているのが現状です。

染める前には頭皮の保護・頭皮につけないように薬剤を塗る・カラー剤の成分を頭皮に残さない

これらをどれだけこだわって行うかが重要になります。

特に染めた後のケアは重要

特に3番目の染めた後のケアは酸化剤の除去も含まれます。

カラーで使用した酸化剤はシャンプーだけでは落とすことはできずに長いと2週間ほどは頭皮に残り、ダメージを与え続けます。

専用のトリートメント剤を使用することで酸化剤を無害化することができカラーを行なった後には必須のケアと言えます。

白髪染めでヒリヒリする?そんな時は頭皮へのダメージを考え直して 実はこのように感じている方は少なくはありません。 白髪染めにより刺激を感じている方は頭皮からのSOSサインかもしれ...

頭皮のアンチエイジングを行う

アンチエイジングとは頭皮を若返らせることを言います。

酸化により老けた頭皮をアンチエイジング(抗酸化)することで頭皮の機能を回復させます。

1番手っ取り早いのは抗酸化作用のあるヘットスパです。

特にカラー後に行うと効果的です。

人生100年時代の白髪染めをどう捉えるか?意識するべき3つの問題と対策
人生100年時代に白髪染めをどう捉えるか?意識するべき3つの問題と対策 近年では人生100年時代がすぐそこまで来ているという話題で持ちきりです。 1度は聞いたことあるという方も少なくはないのでは...

酸化剤を使用しない白髪染めを併用する

言葉にすると難しいですが、わかりやすく言えば明るくできない白髪染めをイメージしてください。

具体的に言えば塩基性タイプのノンジアミンカラー・ヘアマニキュア・ヘナ・ハーブカラーなどがあります。

通常の白髪染めの周期の間にこれらを挟むことで酸化剤に触れる期間が伸び、また触れる機会を減らすことができます。

染め続けていると習慣化されてしまい、判断が鈍ってしまいますが1度どのくらいの頻度で年間どれだけ染めているかを見直してみてください。

年間20回近く染めている方は頭皮に何らかの異常や気になることが起こっていませんか?

白髪が増える原因はヘアカラー?白髪染めで肌が痛むリスクと対策 まとめ

なぜ白髪染めをすると白髪が増えると言われるのか。

わかっていただけたでしょうか。

白髪染めって実は安全なものではないんです。

むしろ使用にはリスクのあるものと認識していてください。

だからこそ、そのリスクをどれだけ減らせるかが重要になります。

何も考えずにとりあえず染めておけばいいという時代はもう終わりました。

そのような染め方をしていたら確実に頭皮にトラブルを抱えるかアレルギーの発症などのトラブルを引き起こします。

逆を言えば、今回解説したような対策を行うことで未来のリスクを減らすこともできます

長い目で見たときに白髪染めを継続して健康な頭皮を維持するためにも今から対策を始めることをオススメします。

アレルギーリスクのある“ジアミン”が使用されている理由
アレルギーリスクのある色素成分の“ジアミン”が使用されている理由 アレルギーを引き起こすジアミンカラー は一般の方の中でも何となく危険なものというイメージを持たれ始めています。 国によって...
10代・20代で白髪染めを行うリスク より良い付き合い方とは
10代・20代で白髪染めを行うリスクと正しい付き合い方を解説 最近10代・20代のお客様からの白髪染めのご依頼をちょこちょこいただきました。 もちろんこの年代のお客様でも白髪染めをされ...
白髪染めでかぶれない為に注意したい3つのことを現役美容師が解説 最近は“ヘアカラーによるかぶれ”というものに一般のお客様方も敏感になってきているように思います。 つい最近もTVなどにも取...