ジアミンアレルギーの方が髪を明るくする選択 さいたま市南浦和の美容室

さいたま市 南浦和でジアミンアレルギーの方でも明るく染めることのできる美容室です。

こんにちは さいたま市南浦和で頭皮に優しい白髪染めを提案しております 渡邉 佑典です。

ジアミンアレルギーを発症されたお客様からよく相談をいただきます。
多くの方はまず、インターネットで調べてから相談をしにくるので、白髪が染まるという点は、ほとんどの方が認識されています。

その上で、次に気にされていることは『髪を明るく染めていくことはできるのか?』という点です。

お店によっては断られることもあるようですが、明るくすることは可能です。
断っているお店では取り扱っているノンジアミンカラーの種類が少ないことが原因でしょう。

明るくすることはできるのですが、いくつか注意しなければいけないこともあります。

本日はそんな話題をまとめていきます。

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

ジアミンアレルギーの方がノンジアミンカラーで髪を明るく染める方法

当たり前の話ですが、ジアミンアレルギーの方はジアミンを含むカラー剤を使用することはできません。

使用できる選択肢は

  • ジアミンを含まない酸化染料
  • ライトナー
  • ブリーチ剤

の3点です。

ジアミンを含まない酸化染料

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

酸化染料とは通常のカラー剤と同じ染まり方をするカラー剤を指します。
違う点はジアミンが配合されているか、配合されていないかという点です。

髪を明るくしながら、同時に色も定着させていくことができます。

ライトナー

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

聞きなれない方も多いと思います。

ライトナーとは髪を明るくすることしかできないカラー剤です。

染料などは含まれていないため、髪に色をつけることはできません。

無色なノンジアミンヘアカラー剤です。

ブリーチ剤

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

え!?ジアミンアレルギーでもブリーチって使えるの?
実は使用することもできます。

ライトナーと同様にブリーチ剤も明るくすることしかできません。
そのため、ジアミンなどの染料は含んでいないため使用することはできます。

他の2つに比べると明るくする力ははるかに強く設定されています。

ジアミンアレルギーの方がノンジアミンカラーで髪を明るくするデメリット

髪を明るくする場合は後々に考えられるデメリットも把握しておかなければいけません。

通常のカラーをされている方であれば、明るくしたり、暗くしたりとその時の気分で明るさの調節が容易にできます。

それに対してノンジアミンカラーの場合、染めた直後は暗く見せることはできても1ヶ月〜1ヶ月半ほどで完全に明るい状態に戻ってしまいます。
つまり、一度明るく染めてしまうと暗い状態を保つことが難しいくなります。

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

また、1度明るくした髪は日数が経つにつれてだんだん明るくなっていきます。
染めたては8レベルくらいでも2ヶ月後には10レベルくらいに明るくなることも予想されます。

特にロングの方やミディアムの方、伸ばし中の方は、あまり明るくしすぎないことはお勧めできません。

明るくすることを検討される際は長期的な計画を立てて染めていきましょう。

ジアミンアレルギーの方、全員が問題なく髪色を明るくできるわけではない!?

ジアミンアレルギーの方が全て同じ症状とは限りません。

例えば、ジアミンにのみ反応する方もいれば、明るくする成分で刺激を感じる方もいらっしゃいます。

基本的にジアミンにのみ反応している方の場合は、明るくする薬剤を使用していくことは可能です。

しかし明るくする成分に刺激を感じている方は注意が必要です。
使用することでしみたり、かゆみが出てしまう可能性もあるので、頭皮の保護と頭皮に直接つかないように塗っていく必要があります。

その上でまだ、刺激が出てしまう方は明るくすることを諦めなければならない可能性もあります。

ジアミンアレルギーをお持ちの方は、自分がどのような成分に弱いのかを把握しておくことが大切です。

ジアミンアレルギーの方がノンジアミンカラーで髪を明るく染める実例

2年ほど前から通ってくださっている顧客様です。

僕のHPを見つけてくれて、わざわざ遠方から通ってくださっております。

まずは染める前の状態

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

前回の施術は1ヶ月前。

根元は明るくリタッチカラーを行い、ノンジアミンカラーで白髪を染めています。

フロント側に白髪が集中し、後ろ側は白髪が少なく黒い部分の比率が多いです。

今回は白髪を染めながら黒い部分は明るめにリタッチ。

全体の色抜けして来た部分は色を補っていきます。

染めた後の仕上がり

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

毛先に色が入ったのでツヤ感が戻りました。

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

ジアミンアレルギー ノンジアミンカラー 髪を明るくする 白髪染め

白髪の部分はしっかりと色が入り自然に染まりました。
黒く目立っていた部分も毛先に合わせて明るい色に仕上がっております。

このように、ジアミンアレルギーを発症されている方でも明るく染めたり色味を変えながら楽しむことはできます。

ジアミンアレルギーの方が髪を明るく染める まとめ

ここまで読んでいただき、ジアミンアレルギーの方でも明るく染めることはできる!と希望を持っていただけたと思います。

特に発症し手間もない方は、何かと制限されてしまいそう・・・。と不安になりがちですが悲観することはありません。

アレルギーがあってもデザインを楽しんでいきましょう。

ただし、注意しなければいけない点もあります。

今後、仕事などで明るくできない方や伸ばしていく過程で明るすぎる色を希望されていない方。
それらの要望を持たれている方は、明るくしすぎることはお勧めしません。
適度な明るさを保つようにしましょう。

その場の勢いで染めずに長期的なイメージを持って染めていくことが大切です。

何か質問や相談などがあればお気軽にお声掛けください。

予約、相談をする

メニュー、料金を見る

もっと詳しく知りたい