ジアミンアレルギーの対策・予防法・見分け方までこれを読めばわかる

こんにちは 頭皮に優しい白髪染めを提案しております 渡邉 佑典です。

突然ですが、みなさん、ヘアカラーにアレルギーがあることをご存知でしょうか??

いつもと同じお店、同じカラー剤、同じ人が施術しているのに何だか今日は様子が変な気がする?
痒くて皮膚がかぶれてきた!?

このような症状はヘアカラー剤に含まれるジアミンが原因で引き起こるジアミンアレルギーかもしれません。

ジアミンアレルギーとは怖いもので、昨日まで何事もなくても、翌日は反応が出てしまうことがあります。

花粉症の方がよく例え話に使いますが、ヘアカラーも同様に体の中にジアミンアレルギーに対する許容量があります。

コップ=人の許容量水=アレルギー物質

 

この許容量を超えて溢れた瞬間からアレルギー症状は起こると言われております。

ヘアカラーでも同じことが言え、許容量をジアミンが超えた瞬間からジアミンアレルギーの症状は起こります。

いつ起こるかは誰にもわからないので、毎回のヘアカラーで対策や準備をしておくことでジアミンアレルギーの予防を行わなければいけません。

今回はそんなジアミンアレルギーについて解説していきます。

ジアミンアレルギーとは?

目次

ヘアカラーが原因で引き起こるアレルギーのことをジアミンアレルギーと言います。

ヘアカラー剤の中に含まれる“ジアミン”という成分が原因で反応が起こります。

ジアミンアレルギーの主な症状

ジアミンアレルギーを発症された方がヘアカラーを行うと次のような症状が引き起こります。

 

かぶれる
かゆみが出る
炎症が起こる
激しい痛み
頭痛
めまい

 

ジアミンアレルギーの特徴はヘアカラーを行なった“直後”ではなく“数時間後〜翌日”に症状が現れるという点です。

家に帰ってから、もしくは翌日に『おかしいな』と違和感を感じたら次の項目でセルフチェックをしてみてください。

ジアミンアレルギーかどうかの見分け方

正確な反応を見るためにはパッチテストの実施をオススメします。

腕の内側に100円玉大にカラー剤を塗り、48時間ほど時間の経過とともに反応を見ていきます。

赤くただれるような反応が出たら、それがジアミンアレルギーの反応です。

美容室であれば簡単にできますが 自宅ではカラー剤は常備されていないので確認することができません。

緊急に疑いがあるのかを知りたい場合は、いくつかのポイントからその判断を行うことができます。

ヘアカラー後に自宅でできるセルフ診断

<!–左からの吹き出し–>

"no-img2″
渡辺

自宅で簡単にできるジアミンアレルギーのチェック方法を解説します。

ヘアカラー後に違和感を感じたら次の項目を確認してみてください。

1.反応はいつ頃から出たのか?

ジアミンアレルギーの反応はヘアカラー後から数時間後〜48時間以内に起こります。

もし、帰宅後や翌日以降に起こるものであればジアミンアレルギーの疑いがあります。

刺激が起こったタイミングが塗った直後や放置時間中に起こったものであればジアミンアレルギー以外の反応だと考えらえます。

2.反応の強さや発症部分はどこから出たのか?

一概には言えませんが、刺激の強さがピリピリと感じる程度であれば、ジアミンアレルギーの可能性は薄いと考えられます。

激しいかゆみや赤くただれたり、膿んでしまうようであればジアミンアレルギーの疑いが強いです。

また、反応が首や耳、顔などに現れた場合はほぼジアミンアレルギーと断定することができます。

ジアミンアレルギーの治る可能性

ジアミンアレルギーは1度発症すると治ることはありません。

また、ジアミンアレルギーの症状が出ているのにも関わらず、繰り返しカラーを行っていくことで症状は次第に悪化していきます。

そのため、1度アレルギーを発症すると2度とヘアカラーを行うことはできません。

ジアミンアレルギーの症状が起こった後に取るべき行動

ジアミンアレルギーの発症を疑ったら素早く次の手順で行動をしましょう。

時間の経過とともに症状が悪化していく恐れがあります。

早めの処置を行うことで、アレルギーの症状を最小限に抑えることができます。

1 病院に行く

まずは病院へ向かいましょう。

皮膚科やアレルギー科などではスムーズに対応を行なってくれます。

息苦しい時やその場から動けないなどの場合は救急車などを呼ぶことも考えましょう。

重症化している場合はアナキラフィシーショックを引き起こす可能性もあり命に関わるケースも報告されています。

2 美容室に報告をする

ジアミンアレルギーが引き起こったことを美容室に報告しましょう。

誤って次回以降でジアミン入りの薬剤を選定されては事故の元になります。

気に入って通っている美容室であればジアミンアレルギーの方向けの薬剤を取り扱っているのかの確認も行なっておきましょう。

ジアミンアレルギーを予防しよう

ジアミンアレルギーは1度発症をしてしまうと、直すことはできません

そのため、発症しないように毎回のヘアカラーで予防していく必要があります。

ここではどのようにジアミンアレルギーを予防するのかを解説していきます。

1.ヘアカラー前には頭皮をケアしておく

ヘアカラーを行う前に何もせずにそのまま塗っていくことはリスクが高まります。

もし、今通っている美容室がそのような対応であればすぐにお店を変えることをオススメします。

ヘアカラーの前には専用の保護剤などで頭皮ケアを行います。

そうすることで、頭皮とカラー剤の間にオイルの膜ができ、直接触れ合うことを防ぎます。

ヘアカラーでしみやすい方にも有効です。

また美容室にいく前にシャンプーなどを行なってからいくこともオススメはできません。

頭皮の表面には皮脂という天然の油分が存在します。

皮脂を残しておくことでも同様に刺激の緩和やジアミンアレルギー発症のリスクを下げることができます。

【関連記事】

2.カラー剤の塗り方に気をつける

ヘアカラー剤を塗る際に頭皮からべったり塗ることはお勧めできません。

僕の塗り方は頭皮につかないことが基本です。

明るい白髪染め 埼玉県 さいたま市 南浦和 SOCO. ソーコ

美容室によっては根元が見えないくらいにベターっと塗っているお店もありますが、

非常に危険です。

特に白髪染めのお客様に多く見られます。

髪の毛のダメージを気にするのと同じように、頭皮のダメージに関しても意識しましょう。

ベタ塗りを行なってしまうと頭皮に大きな負担がかかります。

【関連記事】

3.カラー後は薬剤を残さない

ヘアカラーの薬剤はシャンプーだけでは落としきれません。

専用の薬剤で髪と頭皮に残らないように対策を行うことが基本です。

ジアミンアレルギー 見分け方 予防法 対策

特殊な薬剤で、髪と頭皮に残るカラー成分を完全に除去していきます。

これを『後処理』と言います。

その場で効果が実感しにくく、目に見えない反応なため、コストカットしている美容室もありますがここでの工程は非常に重要です。

残したままにした薬剤は2週間ほどは頭皮に残ってしまい、少しずつダメージが蓄積していきます。

これが毎回積み重なると髪と頭皮の将来に関係してきます。

少し強く訴えていて、大げさだと感じるかもしれませんが、ヘアカラーは今後も20年30年と続けていくものです。

曖昧なヘアカラーを続けていて、その間頭皮が耐えられると思いますか?

ジアミンアレルギーのケアは早いに越したことはありません。

もし、通われている美容室が信頼できるところであれば、改善してもらえるようにお願いしてみるのもいいかもしれません。

【関連記事】

ジアミンアレルギーを発症してしまった後の対策

ジアミンアレルギーを発症してしまっても、染めないわけには行かないから・・・。

と通常のカラーを我慢しながら繰り返す方もいらっしゃいますが、それは絶対にやめましょう。

非常に危険です。

初めは軽い症状で我慢できたとしても、回数を重ねるごとに悪化していきます。

今ではアレルギー物質を取り除いた『ノンジアミンカラー』というものがあるので、早急にそちらに切り替えましょう。

僕が取り扱い始めた頃は黒くすることしかできませんでした。

しかし、今では初期の頃よりも種類も増えており、色々なご要望に答えられるようになってきました。

明るくすることもできますし、通常のカラー同様に色味を選ぶこともできます。

ノンジアミンカラー自体にも種類はいくつかあるので、仕上がりのイメージに合わせて使い分けていくこともできます。

ジアミンアレルギーの方が使用できるヘアカラー剤

ジアミンアレルギーの発症後は使用できる薬剤は絞られてしまいますが、染める方法はあります。

それがジアミン成分を含まない『ノンジアミンカラー』です。

ノンジアミンカラーは大きく分けると5つに分類されます。

塩基性カラー
ヘナカラー
非ジアミン系酸化染料カラー
ヘアマニュキア
脱色剤(ブリーチ剤)

 

これらを仕上がりのイメージやお客様の症状に合わせて使い分けていくことで、ジアミンアレルギーの方でもヘアカラーを楽しむことができます。

【関連記事】

"no-img2″
渡辺

実際にジアミンアレルギーの方がノンジアミンカラーを使用して明るい状態からくらい状態にトーンダウンする実例をご覧ください。

ジアミンアレルギーの方が金髪に近い状態から暗い髪色へトーンダウンする実例

ジアミンアレルギーを発症してしまうとかなりヘアカラーの幅が狭まってしまいます。

ジアミンを含む通常のカラー剤を使用することはできないため『ノンジアミンカラー』というジアミンを使用していない薬剤でのカラーが必須となります。

今回相談をいただいたお客様もジアミンアレルギーを発症後はノンジアミンカラーで染めていたそうです。

しかし、そこのお店ではトーンダウン(暗くすること)はできないと言われてしまい明るくだけ染めてきたそうです。

ノンジアミンカラーではトーンダウン(暗くすること)はできないのか?

結論から言えばノンジアミンカラーでもトーンダウンはできます。

一口にノンジアミンカラーと言っても数多く種類があるんです。

塩基性カラー:暗くすることが得意ヘアマニキュア:暗くすることが得意

酸化染料:明るくしながらやや暗くできる

ライトナー:明るくすることが得意

ヘナ:特定の色味に染めることのみできる

大まかに分類するとこんな感じです。

予想するに以前のお店では酸化染料タイプやライトナータイプのノンジアミンカラーの取扱いのみだった為に明るくすることしか選択できなかったのだと思います。

でも実際にはこんな感じにノンジアミンカラーでも明るくすることも暗く色を入れることも可能なんです。

ノンジアミンカラーで染める前と染めた後の仕上がりの比較

Before &After

ノンジアミンカラーで染める前の状態

前回のカラーから3ヶ月近く空いています。

以前明るくしていた影響から毛先部分は金色に近いくらいの色まで抜けてしまっています。

ノンジアミンカラーで染める前の状態

全体

ノンジアミンカラーで染める前の状態

右側

ノンジアミンカラーで染める前の状態

左側

ノンジアミンカラーで染める前の状態

トップ

ノンジアミンカラーで染めた後の状態

根元から毛先まで均一に色が染まってくれました。

ノンジアミンカラーでは色は大きく制限されてしまうと言われておりますが、やり方によってはこのくらいまで綺麗に仕上げることも可能です。

ノンジアミンカラーで染めた後の状態

全体

ノンジアミンカラーで染めた後の状態

右側

ノンジアミンカラーで染めた後の状態

左側

ノンジアミンカラーで染めた後の状態

トップ

では解説していきますね。

ノンジアミンカラーでのアプローチ方法

今回のお客様の場合は以前の明るくしていた影響で毛先が極端に明るくなっていることと、3ヶ月分の根元が伸びている状態で色の差が極端に開いてしまっています。

根元が3トーン、毛先は14トーンくらいなのでおよそ11トーンもの差が開いてしまっている状態です。

ここまで色の差が開いていると通常のカラーでも1回で合わせることは難しいので、まずは全体の色の差を少なくするように薬剤を塗っていきます。

根元と毛先の色の差を説明する画像

根元と毛先の色の差

根元にはライトナー、毛先に酸化染料で髪の中に染料を入れてベースを整えていきます。

全体の色が統一されたところで塩基性カラーで全体を暗く染めました。

ちなみに根元を染めるときは毛先と比較してやや暗くしています。

これはお客様にも了承をいただいておりますが、ノンジアミンカラーは暗い色を保つのが苦手な薬剤です。

毛先の部分がいい例ですが、1度明るくすると黒さを継続して保つことは難しいです。

その為、髪を明るくする際は可能な限り最低限に止めるように提案しております。

【関連記事】

ノンジアミンカラーを暗く保つことは難しい

ノンジアミンカラーと通常のカラーの大きな差があるとすれば色持ちです。

通常のカラーと比較するとどうしても色落ちが早くなってしまいます。

それにはノンジアミンカラーの染まり方に弱点が隠れています。

ノンジアミンカラーの染まり方の特徴

通常のカラーは髪の深いところまで染まるのに対し、ノンジアミンカラーの多くは髪の表面〜髪の毛の中の浅いところに染料が留まることで染まります。

ノンジアミンカラーと通常のカラーの染まり方の差

ノンジアミンカラーと通常のカラーの染まり方の差

それらの染料は日々のシャンプーや生活の中で徐々に抜けて言ってしまいます。

唯一、酸化染料タイプのノンジアミンカラーは髪の毛の内の深いところに留まる性質を持っていますが、赤味が強いという性質も持ち合わせております。

暖色系の色味に仕上げたい方には問題ありませんが、アッシュ系などの寒色系に仕上げたい場合はメインとして使用することは難しくなってしまいます

この辺りのバランスで仕上がりをイメージしながら配合を考えていかなければいけません。

ノンジアミンカラーで染めた際に色を保つための3つのポイント

実際にお客様にも日々提案しているポイントを解説していきます。

・色を暗めの設定にして染めておく

・カラーシャンプーを使用して色を補う

・髪を乾かす習慣を身につける

色を暗めの設定にして染めておく

ノンジアミンカラーの色持ちはおよそ1ヶ月〜1ヶ月半ほどです。

明るい仕上がりの場合はもう少し早いかもしれません。

色落ちすることも視野に入れて染まりたては暗めの色合いだと持ちも良くなります。

カラーシャンプーを使用して色を補う

カラーシャンプーもジアミン染料は含まれていないので、ジアミンアレルギーの方でも使用することはできます。

染めている訳ではないので色がつく力は弱めではありますが、色落ちしやすいシャンプーのタイミングに染料を補うことで色落ちを防ぐことができます。

色味にもよりますが、毎日使用して入れば色持ちを半月ほどアップできる効果があります。

髪を乾かす習慣を身につける

カラーの色落ちは髪が濡れている時に起こりやすくなります。

そのためお風呂上がりは髪を乾かす習慣をつけてあげると色持ちが良くなります。

1つ注意しなければいけないのは乾かしすぐると逆効果なので適度に乾かしてあげましょう。

乾かす前に流さないタイプのトリートメントなどで熱から保護するとなお効果的です。

ジアミンアレルギーの見分け方と予防法、対策のまとめ

このブログにたどり着いている方は、何らかのヘアカラーの異常に直面している方だと思います。

まずは、その異常がなぜ起こっているのかを突き止めることで、今後の対策が立てられると思います。

ヘアカラーでは“今”ではなく“将来”を見据えることが大切です。

今ケアを怠り、頭皮に負担をかけ続けると数年後、数十年後にしわ寄せがきてしまいます。

これから長いヘアカラー人生を送ることを視野に入れて毎回のヘアカラーに取り組んでいきましょう。

自分で解決できない場合は担当の美容師さんや皮膚科医に相談することも手でしょう。

専門の方の意見も聞きつつ、ヘアカラーを行なってみてください。

僕もオンライン上では相談を受け付けておりますので、お気軽に御相談ください。

 

【こちらの記事もおすすめです。】

 

予約、相談をする

メニュー、料金を見る

もっと詳しく知りたい

この記事を書いている人

渡邉 佑典
渡邉 佑典【白髪染めに詳しい美容師】
顧客の9割は白髪に悩みを持つ方を担当している全国でも珍しい白髪染めに特化したカラーリスト。ある経験から取り組み始めたノンジアミンカラーはジアミンアレルギーに悩む方から絶大な支持を集めており、県内はもちろん県外からの依頼も多くいただいている。埼玉県内1店舗、フリーランスでの活動期間を経てさいたま市南浦和に安全に染めることができる白髪染め専門サロン【Safe Beau】をオープンさせる。

ジアミンアレルギーの対策・予防法・見分け方までこれを読めばわかる” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。