ジアミンアレルギーの見分け方と予防法、対策までこれを読めばわかる

こんにちは 頭皮に優しい白髪染めを提案しております 渡邉 佑典です。

突然ですが、みなさん、ヘアカラーにアレルギーがあることをご存知でしょうか??

いつもと同じお店、同じカラー剤、同じ人が施術しているのに何だか今日は様子が変な気がする?
痒くて皮膚がかぶれてきた!?

そのような症状はヘアカラーによるアレルギーかもしれません。
アレルギーとは怖いもので、昨日まで何事もなくても、翌日は反応が出てしまうことがあります。

花粉症の方がよく例え話に使いますが、ヘアカラーも同様に体の中にはアレルギー物質に対する許容量があります。


コップ=人の許容量

水=アレルギー物質

ジアミンアレルギー 見分け方 予防法 対策

この許容量を超えて溢れた瞬間からアレルギー症状は起こると言われております。

ヘアカラーでも同じことが言え、許容量をジアミンが超えた瞬間からジアミンアレルギーの症状は起こります。
いつ起こるかは誰にもわからないので、毎回対策や準備をしておくことは必要です。

今回はそんなジアミンアレルギーについて解説していきます。

ジアミンアレルギー 見分け方 予防法 対策

ジアミンアレルギーとは?

ヘアカラーにるアレルギーのことをジアミンアレルギーと言います。

ヘアカラー剤の中に含まれる“ジアミン”という成分が原因で反応が起こります。

ジアミンアレルギーかの見分け方

正確な反応を見るためにはパッチテストの実施をオススメします。
腕の内側に100円玉大にカラー剤を塗り、48時間ほど時間の経過とともに反応を見ていきます。

赤くただれるような反応が出たら、それがジアミンアレルギーの反応です。

美容室であれば簡単にできますが、自宅ではカラー剤は常備されていません。
緊急に疑いがあるのかを知りたい場合は、いくつかのポイントからその判断を行うことができます。

ヘアカラー後に自宅でできるセルフ診断

1.反応はいつ頃から出たのか?

ジアミンアレルギーの反応はヘアカラー後から数時間後〜48時間以内に起こります。

もし、刺激が起こったタイミングが塗った直後や放置時間中に起こったものであればジアミンアレルギー以外の反応だと考えらえます。
帰宅後や翌日以降に起こるものであればジアミンアレルギーの疑いがあります。

2.反応の強さや発症部分はどこから出たのか?

一概には言えませんが、刺激の強さがピリピリと感じる程度であれば、ジアミンアレルギーの可能性は薄いと考えられます。

激しいかゆみや赤くただれたり、膿んでしまうようであればジアミンアレルギーの疑いが強いです。
また、反応が首や耳、顔などに現れた場合はほぼジアミンアレルギーと断定することができます。

時間の経過とともに反応が強くなる恐れがあるので、ヘアカラー後に違和感を感じたらすぐに病院へ向かいましょう。
最悪の場合、アナキラフィシーショックなどで呼吸困難など重症化する恐れがあります。

ジアミンアレルギーを予防しよう

ジアミンアレルギーは1度発症をしてしまうと、直すことはできません
そのため、発症しないように毎回のヘアカラーで予防していく必要があります。

ここではどのようにジアミンアレルギーを予防するのかを解説していきます。

1.ヘアカラー前には頭皮をケアしておく

ヘアカラーを行う前に何もせずにそのまま塗っていくことは言語道断です。
もし、今通っている美容室がそのような対応であればすぐにお店を変えることをオススメします。

ヘアカラーの前には専用の保護剤などで頭皮ケアを行います。
そうすることで、頭皮とカラー剤の間にオイルの膜ができ、直接触れ合うことを防ぎます。

ヘアカラーでしみてしまう方にも有効です。

また美容室にいく前にシャンプーなどを行なってからいくこともオススメはできません。
頭皮の表面には皮脂という天然の油分が存在します。

皮脂を残しておくことでも同様に刺激の緩和やジアミンアレルギー発症のリスクを下げることができます。

2.カラー剤の塗り方に気をつける

ヘアカラー剤を塗る際に頭皮からべったり塗ることは言語道断です。
もし、今通っている美容室がそのような対応であればすぐにお店を変えることをオススメします。

僕の塗り方は頭皮につかないことが基本です。

明るい白髪染め 埼玉県 さいたま市 南浦和 SOCO. ソーコ

美容室によっては根元が見えないくらいにベターっと塗っているお店もありますが、非常に危険です。
特に白髪染めのお客様に多く見られます。

髪の毛のダメージを機にするのと同じように、頭皮のダメージも気にかけましょう。
ベタ塗りでは頭皮が痛みます。

3.カラー後は薬剤を残さない

ヘアカラー後にシャンプーしかしないことは言語道断です。
もし、今通っている美容室がそのような対応であればすぐにお店を変えることをオススメします。

ヘアカラー後は、髪と頭皮に薬剤を残さないことが基本です。
シャンプーだけだと目に見えない薬剤は残ってしまいます。

ジアミンアレルギー 見分け方 予防法 対策

特殊な薬剤で、髪と頭皮に残るカラー成分を完全に除去していきます。
これを『後処理』と言います。

その場で効果が実感しにくく、目に見えない反応なため、コストカットしている美容室もありますがここでの工程は非常に重要です。
残したままにした薬剤は2週間ほどは落ちずに残ってしまい、少しずつダメージが蓄積していきます。

これが毎回と考えると非常に恐ろしいです。

少し強く訴えていて、大げさな(笑)と感じるかもしれませんが、今後ヘアカラーは20年30年と続けていくものです。
曖昧なヘアカラーを続けていて、その間頭皮が耐えられると思いますか?

ジアミンアレルギーのケアは早いに越したことはありません。
もし、通われている美容室が信頼できるところであれば、改善してもらえるようにお願いしてみるのもいいかもしれません。

ジアミンアレルギーを発症してしまった後の対策

ジアミンアレルギーを発症してしまっても、染めないわけには行かないから・・・。
と通常のカラーを我慢しながら繰り返す方もいらっしゃいますが、それは絶対にやめましょう。

非常に危険です。

初めは軽い症状で我慢できたとしても、回数を重ねるごとに悪化していきます。

今ではアレルギー物質を取り除いた『ノンジアミンカラー』というものがあるので、早急にそちらに切り替えましょう。

僕が取り扱い始めた頃は黒くすることしかできませんでした。
しかし、今では初期の頃よりも種類も増えており、色々なご要望に答えられるようになってきました。

明るくすることもできますし、通常のカラー同様に色味を選ぶこともできます。

ノンジアミンカラー自体にも種類はいくつかあるので、仕上がりのイメージに合わせて使い分けていくこともできます。

ジアミンアレルギーの見分け方と予防法、対策のまとめ

このブログにたどり着いている方は、何らかのヘアカラーの異常に直面している方だと思います。

まずは、その異常がなぜ起こっているのかを突き止めることで、今後の対策が立てられると思います。

ヘアカラーでは“今”ではなく“将来”を見据えることが大切です。
今ケアを怠り、頭皮に負担をかけ続けると数年後、数十年後にしわ寄せがきてしまいます。

これから長いヘアカラー人生を送ることを視野に入れて毎回のヘアカラーに取り組んでいきましょう。

自分で解決できない場合は担当の美容師さんや皮膚科医に相談することも手でしょう。
専門の方の意見も聞きつつ、ヘアカラーを行なってみてください。

僕もオンライン上では相談を受け付けておりますので、お気軽に御相談ください。

予約、相談をする

メニュー、料金を見る

もっと詳しく知りたい

    ジアミンアレルギーの見分け方と予防法、対策までこれを読めばわかる” に対して1件のコメントがあります。

    この投稿はコメントできません。